My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

遺言書作成にはルールがあります

亡くなる前に遺言書作成をする方はとても多いです。残された家族に対し最後のメッセージですし、遺言書を書かないせいで遺産のことで家族がバラバラになってしまうのも悲しいので、遺言書は書くようにしてください。

遺言書を作成するときには、法律によっていろいろなルールが定められています。ルール自体はとても簡単なのですが、一つでも守っていない場合は、遺言書の存在自体が無効となってしまうので注意が必要です。ルールを守れているのか自信が無い場合は、弁護士に相談をしてチェックしてもらいましょう。弁護士であれば、ルールを熟知しているので、有効な遺言書作成をすることが出来ます。

計画的に遺言書作成をしよう

高齢化社会が進み、家族や親族とも疎遠になり、最近多くなっているのが孤独死です。孤独死でも家族とのやりとりがある場合は異なりますが、そうでない場合はまず身元確認から親族へ連絡し、その後を取り持ってもらうことになります。そんなときに役立つのが遺言書です。

まだ身体がしっかりと動くときに親族の連絡先や資産の相続について、またお墓をつくるかなど、亡くなってからも自分の意志を他の人へ伝えられる大変重要なものです。最近は項目に書き込むだけで詳細が伝えられる遺言書作成が定着しつつあります。今から準備しておくのもいいかもしれません。

遺言書作成する必要があるのはどんな人

遺言書作成と聞くと難しそう、書き方がわからないという方も多いでしょう。自分は遺言書を書く必要があるだろうか、と思う人も多くいるはずです。遺言書を書く必要があるのは、例えば、家族がおらず、夫婦ふたりで生活している場合、相続人の中で財産を分けたくない人がいる、独り身の人や跡継ぎを指定したい場合などが考えられます。

そのような方は、しっかりとした遺言書作成をするのをおすすめします。作成方法に困るのであれば、自筆以外に、公正証書遺言という手法があります。公証人が本人の意思に基づく遺言内容を遺してくれますし、法的にも有効となるので心配がありません。

元気なうちから始める遺言書作成

遺言書は自分が死んだ時家族のためにその意志を伝える大切な文章です。前々から書いておくと安心と思うかもしれませんが実は落とし穴もあります。遺言書作成は本人が正確な意志を伝えられるうちに書かなければなりません。つまり元気なうちにということです。

そのため毎年正月を迎える時に忘れないように遺言書を書き直しているなんてことが後々とても重要になります。いざ書くとなると難しそうですが内容もすべて本人の直筆にして著名も忘れず押印し必ず日付も書くということさえ守れれば良いわけです。遺産のことなどは喧嘩が起こらないように気をつけて書きましょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分・遺言書作成に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る