My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

弁護士が所属する法律事務所

弁護士とは、弁護士資格をもち、訴訟事件の代理人として裁判で主張したり、審査請求、異議申立てなどの法律事務を行う人のことを指します。

その多くは弁護士事務所などの法律事務所に所属しますが、とくに多いのは一人の弁護士が経営する個人事業としての法律事務所です。

資格を取得したばかりの新人は、こうした法律事務所に雇われるイソ弁(居候弁護士)になったり、間借りして指導を受けながら業務を行うノキ弁(軒弁)になったりすることが多く、同じ事務所にいる先輩に指導してもらいながら経験を積み、一人前の法律家へと成長していきます。

弁護士もIT分野における知識が求められる

社会というのは常に変化し続けています。100年前の状態と現在を比較してみるとかなり違います。

特に、社会が複雑化し、あらゆる分野でより専門的になったりしています。そして、その状況に応じて法律も変えられています。時代によって必要とされている法律というのは違います。

最近では、個人に関する情報の扱いやプライバシーを守る法律というのが整ってきました。またITに関しては急速な発展を遂げており、犯罪もITを活用して行われる事もあります。

そのため、ITに関する法律が充実し始めています。弁護士は時代や、その時に適応されている法律を常に把握し続ける必要があります。

そして、現在であれば、弁護士もIT分野における知識が求められる事もあります。

弁護士になるには

必ずしも法科大学院を卒業していないと弁護士になれない、という事はなく予備試験と呼ばれる試験を受験して合格すれば、次に司法試験を受験する資格を得る事ができます。

予備試験を受験するのは高校を卒業していないといけない、という事もなく、物理的には中学校を卒業して、その後に受験するという事もできます。

しかし、予備試験とは言えどもかなり高度の様ですので、合格するまでにかなり勉強しておかないといけないでしょう。

しかし、学歴がないという事を理由に弁護士の夢をあきらめなくてはいけないという事はありません。どんな人でもチャンスはあるという事でしょう。

本当に目指したい気持ちが強い人は、チャンスをものにしたいですね。

法務博士号を取得し試験に備える

弁護士は高収入で社会的地位が高い職業ですが、弁護士になるためには相当な努力が必要になります。

まず弁護士になるためには法科スクールを卒業するなどして、法務博士号を取得しなければいけません。

その後、日本で一番難しいと言われている司法試験に合格し、弁護士になることができます。法律は頻繁に改正されますので、常に勉強が必要になります。

依頼主の相談を聞くだけではなく、書類の作成や裁判の準備などを並行して行わなければいけませんので、非常に忙しく精神的にも負担が大きい職業と言われています。

弁護士法

弁護士については弁護士法という法律で定められています。
この法律は第10章までありそれぞれ細かい法律があります。
必ずこの法律を守る必要があります。

この弁護士法により、弁護士の資格がある人しか行う事ができない業務や、もしも万が一弁護士の資格がない人が弁護士の業務を行った場合にどうなるかなど細かく定められています。

また、弁護士がこの法律に従わなかった場合は処分または懲戒される事もあります。そして、場合によっては弁護士の資格までも失う事もあります。

民事事件相談の際必要になってくるものとは

生活するうえで困りごとが出てくることもあるでしょう。しかし、そんな困りごとの中には、明らかに民事事件と思われるような内容もあるのです。もしかしたら、もうすでに、他の方が裁判を起こしている可能性もございます。そのためまずは、ご自分の事例をインターネットなどを使用して検索してみてはいかがでしょうか。 よく分からない場合は、リーガルプラスやみお綜合法律事務所に相談するというのもいいでしょう。メールでも簡単なことは問い合わせることができますが、お電話で予約を入れたほうがいいでしょう。

 そして、明らかに裁判を起こせるような状態と判断された場合には、法律事務所にて弁護士と相談する必要があります。そこでまずは、その弁護士を探す必要があります。探せた場合は予約を入れましょう。  相談を円滑にすすめるためには、その困りごとの証拠などがあるとスムーズに進みます。そのため、もし写真などが用意できるのなら用意しておいたほうがいいでしょう。時間は限られていますから、その証拠を持ってお話をすると、とてもわかり易いです。  あなたの生活を笑顔にするために、弁護士は積極的にアドバイスしてくれます。悩んでいるのなら、思い切って相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士に関する記事

トップへ戻る