My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

過払い請求の際に必要な取引履歴

過払い

今では、金融機関は過払い請求の際に必要な取引履歴の開示の要求があった時には応じないといけない様になりました。

しかし、その履歴を過信しすぎない方がいい事もあります。というのも、この取引履歴自体が必ず信用できるというものではなく、場合によって一部の取引しか掲載されていない事もあります。

ですので、まずは自分で確認するという事が必要になってきます。自分の借り入れがすべて記載されているかどうかを見てみましょう。

すべての記載がない場合には、早速この時点で金融機関と話合いを行わないといけない事もあります。過払い請求の際にはベースとなる物ですので、正確な物が必要になります。

この返済し過ぎたお金を貸金業者から取り戻す手続きを過払い請求と言います。)

過払いを知るには

CMなどで過払いという言葉を聞いた事がある人はたくさんいるだろう、と思われます。しかしながら、それがどういう事なのか詳しく説明できるという人はそれほど多くはない様ですね。

完済するまでにかなりの年月がかかっているという人や、返済額がかなり高額だという人、高額の利子で借り入れた人は特にチェックしておいて欲しいと思います。

過払いは、債務者が知らない間に返済する借金の中に、本来は払う義務がない余分なお金が含まれている事を言います。きちんと計算して払う義務がない余分なお金を算出します。

すべての人に当てはまっている分けではない事や、取り戻すにはたいした金額でない場合もある事などから返済しない人もいます。

過払いの可能性があるかどうか

過払いの可能性が起こりえるのは消費者金融の場合です。 利息制限法と出資法においての年利の制限の割合は差があります。 其れ等二つの制限どちらもオーバーしていると出資法違反になります。

過払いが発生するのは消費者金融からの借金の年利率が 利息制限法より多く出資法で超えない利率29.2%より少ない事です。 その範囲の金利は過払い金になりえグレーゾーン金利と呼びます。

また利息制限法によって借りる金額が10万未満は年10%や 10万以上100万未満であれば年18%で100万以上ならば年18% と言う風に金額によって制限が変わるので同時にグレーゾーン金利の 幅も変化する事を考慮する事も重要です。

過払い金の消滅時効とは

過払い金返還請求に応じることは事業者側の義務とされていますが、これは無制限に請求できるわけでは無く時効が設定されています。 具体的には過払い金発生から十年とされており、最後の取引から十年が経過した場合には返還する義務がなくなります。

ただ注意が必要なのが「最後の取引から十年」という部分で、もし過払い金が発生している事業者との取引が現在でも継続されている場合には、貸金業法が改正されてから十年以上が経過しても取引が継続しているために請求ができる可能性があるのです。 この点の判断については取引履歴の開示と交渉が必要になるため、もし十年以上が経過している場合は弁護士などに相談して交渉を行ってもらいましょう。

過払いと利率の問題について

過払いのトラブルを未然に防ぐために、顧客対応の優れている法律事務所のサポートの特徴を理解することが肝心です。 近頃は、貸付金利の利率について興味を持っている人が少なくありませんが、数々のリスクに対処をするために、いざという時に備えて、同じような立場の人からアドバイスを受けることが良いでしょう。

また、過払い金の問題に関しては、一般の消費者にとって、すぐに判断をすることが難しいことが知られています。 そこで、将来的な問題を回避するうえで、同じような年代の人々のレビューに目を向けることで、何時でも落ち着いて行動をすることができるといわれています。

家族に知らせず行う過払い金返還請求

もし過払い金返還請求を行った事が家族に知られてしまった場合には、借金をしているという事まで知られてしまう可能性もあるかと思われますので、家族には知られずに行いたいという人は少なくありません。

法律家の所にも、家族に内緒で過払い金返還請求を行いたいという人が来る事も多く、その様なニーズに対応してくれる法律家もいます。過払い金返還請求を行うと法律家と何度も連絡を取る事になると思いますが、本人に直接連絡をする様に配慮してくれる事もある様です。

一人暮らしの人が過払い金返還請求を行う場合には、その様な事は気にする必要もないと思われますが、家族と同居している人は過払い金返還請求の際に気にしている人もいる様です。

過払い金の請求は是非弁護士へ

2006年以降、それまで存在していたグレーゾーン金利が廃止され、依然としてこのグレーゾーン金利を適用していれば、法律で罰せられる対象になっています。この間に貸し金業者からキャッシングでお金を借りたことがあれば、弁護士に相談しましょう。

人によっては100万円以上もの過払い金を返金された例もあります。請求しなければ返ってこないものです。家族や友人に知られたくない場合でも、プライバシーを守ってくれます。契約書や明細がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。無料で相談に応じてくれる場合、電話、メールで応じてくれる場合もあります。大阪にも過払い金に詳しい弁護士がいます。

過払い金返還請求を弁護士に依頼するメリットについて

過払い金とは、クレジットカード会社や消費者金融といった貸金業者に払い過ぎたお金のことをいいます。返還請求することで払い過ぎたお金を取り戻すことができますが、返還請求には時効があるため注意が必要です。個人で請求することもできますが、専門家に依頼することも可能です。

弁護士に依頼するメリットには、140万円を超える場合の法律相談や交渉・訴訟も可能であること、過払い金の計算など手続きを任せられること、訴訟などを利用して最大限の金額を回収できることなどがあります。大阪など大都市には依頼できる弁護士が多くいますので、費用や人柄、仕事の実績などを十分に確認して自分に合った人に依頼することが大切です。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る