My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

返済してもらう過払い

借金の利子については2つの事なる法律が存在しているために、過払い金が発生しています。借金の利子に関する法律は利息制限法と出資法という違った法律によって上限が定められています。

そのため、差額が発生してしまいます。
その部分を専門用語でグレーゾーンと呼んでいます。
本来であれば返済する必要のない分まで返済させられている人もいます。

そして、その払いすぎた部分を返済してもらうのが過払い金請求で、弁護士などに依頼するに過払い金の請求は自分で行う事もできますが、弁護士のほかに司法書士に依頼する事もできます。

時効成立の可能性を確認して過払い金請求

借金の大幅な減額ができる債務整理の手続きとして過払い金請求があります。利息制限法で定められた利率の上限を超えた金利で貸金業者との取引をしていた場合に過払い金は発生し、それは本来支払う必要のないお金なので請求をして取り戻すことができます。

過払い金請求には時効があり、最後に取引をした日から10年が経過すると手続きができません。ですので、取引履歴を見て時効成立の可能性がないかどうかをきちんと確認しておく必要があります。そして、早めに手続きをする必要があるので、まずは司法書士や弁護士に借金相談をしましょう。

過払い金調査サービスへご相談ください。あらゆる法律相談に対応いたします。

任意整理・過払い金相談は弁護士に

債務整理にも色々な方法がありますが、あまり借金額が多くない場合によく行われるのが任意整理です。任意整理は、債権者と債務者がお互いに話し合いをして、総債権額を一部免除したり、支払期間を延長したりして、返済計画を立てていくという手法です。

しかし債務者が債権者と直接交渉しようとしても、なかなかまともに話し合いに応じてもらうことは困難です。任意整理を行う際は、弁護士や司法書士などの専門家を代理人として立てて、債権者との交渉に当たってもらうのが賢明です。弁護士から交渉を持ち掛けられれば、債権者側も交渉に応じざるをえなくなります。弁護士に相談すれば過払い金の発見につながる場合も多いです。

過払い金の解決の方法について

過払い金の問題を速やかに解決したい場合には、優れた経験を有する弁護士が在籍している法律事務所にお世話になることが肝心です。 最近では、多重債務に関するトラブルを抱えている日本人が増えてきていますが、過払い金の問題をすぐに取りかかることで、生活上のリスクを最小限に抑えることが可能となります。

一般的に、弁護士の選び方については、素人にとってスピーディーに判断をすることが難しいことが分かっています。 そこで、実際に過払い金の問題を解決した人からアドバイスを受けることで、いつでも余裕を持って行動をすることができます。

負債の理由に関係ない過払い金返還請求

自己破産をするという時には、ギャンブルや過度な浪費などという場合には手続きができない事もありますが、過払い金返還請求の場合は負債の理由に関係なく行う事ができます。現在負債を抱えている人や、過去に負債を抱えていた人は過払い金返還請求ができる場合もあります。

現在も過払い金返還請求が行われないままとなっている状態の人が非常に多いそうです。過払い金返還請求ができるという事に気が付いていない人も多い様です。もしかすると、自分も過払い金返還請求ができる可能性があるという場合には、さらに詳しい事について調べてみる事をおすすめします。かなりの金額が戻ってくる事もあるかと思われます。

過払いを司法書士に持ち掛ける前に

これから過払いについて司法書士に相談した上で取り戻したいという場合には、事前に行っておくべき事があるかと思われますので、把握しましょう。過払いを司法書士に持ち掛ける前に、法律家を探したり、借り入れ状況を把握する事ができる取引履歴を提示しないといけません。

司法書士が過払いの請求を行う際には、この取引履歴の情報を元にして行う事になりますので、書類は非常に大事な役割を果たします。過払いを司法書士に持ち掛けるといっても、複数の金融機関から借入をしている人は複雑になりがちです。時間が経つと記憶が曖昧になる事もあるので、記憶がはっきりとしている間に司法書士に相談して、過払いを取り戻す事ができればいいでしょう。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る