My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

交通事故慰謝料と示談との関係とその事例について

交通事故慰謝料と示談とは、どのような関係性があるのでしょうか。 皆さんはこれまでこの二つのお金を別々のものとして考えていたと思います。ですが本来は同じものなのです。 交通事故被害者の全ての被害を換算したお金のことを損害賠償金といいます。

ここではその事例についてお話します。 歩いていた30代の女性の方(被害者)が車による交通事故で足を骨折したとします。この場合、けがを負わせた自動車が加害者になります。加害者と被害者が個人的に話し合って、和解することです。これを示談といいます。この中に慰謝料が含まれます。

このとき、どれぐらいの料金を賠償金にするかは個人で決めてしまって構いません。ただし、一度金額を決めてしまったら後から変更はききません。 交通事故慰謝料とは、被害者が加害者に対し、損害を与えた場合に支払うお金のことを言います。この場合、骨折した女性がそのことに対して相手の方にお金を支払ってもらうという具合です。

つまり、慰謝料というのは、加害者が被害者に対して罪を認めなかった場合だけではなく、双方が和解した場合でも必要になってくるということです。裁判の時に必要になるイメージがありますが、実際は和解でも必要になるのです。

被害者が幼児の場合の交通事故慰謝料とその事例について

交通事故被害者が幼児の場合の交通事故慰謝料の算定は基本的に大人と変わりません。 通院日数や怪我の内容などに応じて算定がされるため、「子どもだから仕事に出ている大人のような精神的苦痛は無いだろう」といったみなされ方をすることはほとんど無いでしょう。

ただ過去の事例をみると、交通事故慰謝料のなかでも被害者死亡に関する慰謝料については低く算定される傾向にあると言えます。 例えば一家の大黒柱とされるような人が亡くなった場合には2800万円程度の慰謝料が算定されることが多いのに対し、幼児の場合は2000万円前後の慰謝料になるという事例が多く報告されています。

ただ子どもだからということで少々特別になっている部分もあり、それが直接的な被害者でなくとも慰謝料請求が認められる可能性があることです。 例えば二人の兄弟が遊んでいて弟が車にはねられて死亡した、兄はその瞬間を目撃してしまった、そして兄はその事故の記憶が精神的な後遺症を受けたなどの場合には直接的な被害者ではない兄にも慰謝料請求権が認められるケースがあります。 そのほかには孫を可愛がっていた祖父母が孫を失ったことで受けた精神的苦痛に対して慰謝料請求権が認められたなどのケースがありますから、この辺りはよく調べた上で交渉をするべきでしょう。

被害者が即死した場合の交通事故慰謝料とその事例について

交通事故の被害者には加害者に対する損害賠償請求権があり、通常は被害者本人が慰謝料の請求を行います。では、事故で即死した場合のように、被害者が自ら交通事故慰謝料を請求できないようなケースでは、事故後の損害賠償はどのようになっているのでしょうか。

過去の事例を参考にすると、事故で死亡した人の交通事故慰謝料の請求は死亡者の相続人によって行われます。遺産相続では死亡者の権利も相続の対象となっており、必ず相続人の誰かが権利を承継することになるためです。

死亡事故の場合の慰謝料請求において、問題となるのは請求できる費用の範囲ですが、まず葬儀費用については、死体の運搬から始まり、通夜・告別式を経て、火葬場で荼毘に付されるまでの一連の流れの中でかかった費用が請求の対象となります。請求可能な金額は自賠責保険の基準では60~100万円程度、弁護士や裁判所の基準では150万円前後となることが多いです。

また、被害者が即死した場合は逸失利益の分も慰謝料として請求できる場合があります。逸失利益とは、被害者が生きていれば得られたであろう利益のことで、実際に請求する際は被害者が死亡した時点で得ていた収入の金額をもとに、所定の計算式によって請求額を算定するのが一般的です。算定の根拠となる資料としては給与明細書や源泉徴収票などが考えられますが、資料となる書類が存在しないと、請求額の認定をめぐって争いになること可能性があります。

交通事故に関する記事

トップへ戻る