My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

交通事故慰謝料で弁護士に依頼をすると増額できる?

交通事故慰謝料はよく争いになるポイントですが、最高額を請求するためには弁護士に依頼をする必要があります。場合によっては、慰謝料の金額が3倍以上にまで増額できることもあります。

もしもメリットがないとしても、相談をした時点でメリットがないことを伝えてもらえます。相談だけなら無料で受けてくれる法律事務所も多いので、まずは相談をしてみて、どの程度のメリットがあるかを聞いてみましょう。交通事故の慰謝料請求では、最高額を得るためには弁護士の力を借りなければ実現しません。少しでも相手の提示してきた金額に疑問を持ったら、専門家に相談をしてみましょう。

交通事故慰謝料は平均すると、低めに

交通事故慰謝料の平均額は、裁判で認定される金額が正当な額であることからすると、低めということになります。裁判基準での交通事故慰謝料の支払いがなされるのは、弁護士に依頼するか、ADRや裁判に訴えた場合に限られます。それ以外の場合は、裁判基準よりはるかに低い賠償金となりますので、平均はその分、低めに落ち着いているということになります。

 軽症の場合は、弁護士費用を考えると、低い金額での示談も選択肢のひとつかもしれませんが、重症の場合は妥協すべきではないでしょう。突然傷害され、動けなくなり、一生を狂わされたのですから、妥当な賠償がなされるべきです。

交通事故の休業損害の内容と慰謝料や損害賠償の特徴

交通事故の休業損害の補償内容については、それぞれの保険会社の商品の契約によって、大きな差があることが分かっています。 近頃は、交通事故の慰謝料や損害賠償の請求の仕方に関して、あらゆる場面で取り上げられることがありますが、なるべく多くの経験者の口コミを参考にしながら、常に正しい情報をキャッチすることが良いでしょう。

そして、休業損害の計算方法について知りたいことがある場合には、隙間時間を利用しながら、腕利きの弁護士が在籍している法律事務所に相談を持ち掛けることで、いち早く役立つ知識を身に着けることができます。

交通事故慰謝料を裁判基準で請求するには

交通事故慰謝料には、最小限の補償をするための自賠責基準と、裁判をした場合に出る金額をもとにした裁判基準があります。加害者が任意保険に入っていた場合、示談交渉の相手は任意保険会社となり、任意保険会社は、自賠責基準か、自社基準によって算出した金額を提示します。

それは非常に低い金額であるのが通例です。裁判基準による交通事故慰謝料の支払いを請求しても、被害者が個人で交渉している限り、それがかなうことはありません。被害者に弁護士がつくと、裁判基準による支払いに応じる可能性が高くなります。応じなかったら、裁判となります。

後遺障害等級認定と交通事故慰謝料交渉を弁護士に相談

交通事故の怪我が元で後遺障害が残ってしまうと、怪我の入通院の分と別に障害分の交通事故慰謝料を相手に請求できます。後遺障害には等級という制度があり、等級で障害の内容や程度がわかるようになっています。

そして障害分の交通事故慰謝料は等級の数字で決まります。障害が残ってしまったら、自賠責保険の審査会に対して等級の認定を申請する必要があります。等級の認定申請は、相手の保険会社に全面的に委託する事前認定と被害者自身が手続きをする被害者請求と二通りのやり方があります。等級はその後示談交渉で話し合う慰謝料額を左右するものなので、弁護士に相談の上内容の把握できる被害者請求での手続きが安心です。

後遺障害における交通事故慰謝料

交通事故にあってしまい、不幸にも後遺障害が残ってしまった場合には、交通事故慰謝料がもらえます。これはその障害の程度に応じて等級が分かれており、保険会社によって算定基準が設けられています。しかしながら、交通事故では過去にいくつもの裁判になっている案件があります。

もちろんこういった慰謝料に対しての不服によるものなどがあります。こういった事例を基に弁護士会では弁護士基準を公表しています。この基準では保険会社が根拠とする基準よりも高額に設定されているため、弁護士に慰謝料の請求をすることで増額が見込めます。

交通事故に関する記事

トップへ戻る