My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

住宅と個人再生のための手続き

自己破産の場合と個人再生のための手続きを行う場合とでは、住宅の所有において異なる点もあります。個人再生のための手続きを行っても、住宅は自分が所有するままの状態をキープできる事もあります。

しかし、個人再生のための手続きをしても住宅のローンは契約時のままとなりますので、結果として支払いは軽減されません。個人再生のための手続きを行う人は、きっと住宅ローンの支払いについても頭を抱えている事が多いでしょう。

個人再生のための手続きが直接関係していなくても、財政状況が厳しいのであれば、手放す事も考えないといけませんね。生活を立て直す事を先に考えると、やはり諦めないといけない事もあるかもしれませんね。

個人再生で借金問題を解決するケースとは

任意整理は、デメリットが最も少ないので、一番利用されている方法です。自己破産は、借金をすべてゼロにできるので、大きなデメリットもあるものの、最後の手段として利用されることがあります。個人再生をしたほうがいいケースとは、素人では判断が難しい部分があります。

個人再生では、借金をすべてゼロにできるわけではありませんが、元本までも大幅に減額でき、さらには資産を没収されずにすむ方法です。自動車なども、ローンが完済できていれば、所有を続けることができます。他には、手続き中に資格制限がないというメリットもあります。大阪で個人再生を考えている人は、まずは弁護士などに相談をしてみましょう。

クレジットカードの過払い金請求をした場合

消費者金融にお金を借りた人が、取られ過ぎていたお金を取り戻すために過払い金請求をして、多額の返済をしてもらった人が多数います。クレジットカードでキャッシング利用している人の中にも、払い過ぎていた人がいるでしょう。特に、2007年以前に利用していた場合は、過払い金が発生している可能性は高いと言えます。

クレジットカードの過払い金請求をした場合、そのカードは解約扱いになりますので、使用することはできなくなります。JCBやVISAなどのショッピング枠が付加されているカードについては、キャッシング枠だけが使えなくなるのではなく、同時にショッピングの利用もできなくなってしまいます。ETCなどカードに付加されている全てのものが対象となります。

債務整理や個人再生は弁護士へ

債務整理や個人再生は弁護士へ任せるのが良いです。弁護士は、債務者が相談をしに行くと、どの方法が適切かを助言してくれますので、どの方法で借金問題を解決していくべきかという点で悩んでいる方でも、適切な解決策を講じてくれます。

司法書士も一定の案件を扱えることになっていますが、個人再生などの法的整理でできる事は書類作成のみです。そのため、いろいろな選択肢を考えたうえでの助言を期待することができません。その点、弁護士は法的整理の際にも代理人となって手続きをすることができるため、それも見据えた助言をすることができます。

親しい人に債務整理の相談

家族や友達に債務整理をしようかどうかという状態で、金銭的に困っているという相談をする人もいるでしょう。

しかし、債務整理はとても専門的な知識が必要になってきます。そのため、司法書士などの法律家ではない家族や友達の場合には、適格な債務整理のアドバイスができない事もあるでしょう。

本当に困っているという場合には、債務整理の相談先として法律関係の資格を持つ司法書士などを選びたいですね。

自分だけで債務整理をしようとするのではなく、必要に応じて専門的な人の手を借りる事も視野に入れておきたいですね。その中でも切羽詰まっている人は特に、今の自分がすべき事は何であるのかという優先順位を考えて行動したいですね。

個人再生した時の官報について

個人再生で債務整理をした場合、官報という国の広報誌に、名前や住所が記載されます。この情報をもとに、闇金業者などからダイレクトメールが届くことがあります。  官報公告は、個人再生の開始決定の焼く2週間後と、書面決議決定の約2週間後、認可決定の約2週間後の3回になります。

これは、直近1か月のものは、インターネットで見ることができます。書面になっているものは、保存されている限り、見ることは可能です。  記載される内容は、住所、氏名の他、決定年月日、主文、届け出期間になります。主文は、破産を開始するなどの情報です。

債務圧縮の民事再生や個人再生を大阪でお考えの方は悩まずに相談!そとやま司法書士にお任せ!大阪駅、北新地駅すぐ。個人再生はお気軽にお問合せください。

個人再生をするなら、司法書士や弁護士に交渉を依頼しよう

個人再生をするなら、司法書士や弁護士に交渉を依頼してください。弁護士や司法書士といった法律の専門家は、個人再生をどのように進めればいいのかを熟知しています。あなたの状況をヒアリングしてくれますから、そのときに正直に自分の今の状況を話してください。

話しにくいことがあったとしても、専門家たちはプライバシーを守ってくれるので安心してください。包み隠さずに話したほうが、個人再生をスムーズに進めることができます。初回の相談は無料で受け付けてくれる法律事務所があります。積極的に活用することをそすすめします。

多重債務の借金相談について

支払いが滞り、多重債務になってしまっている場合は、借金が深刻化していて、自転車操業になっている可能性があります。しかしながら、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理で法律的に解決する方法は、素人にはわかりにくく難しいです。

それぞれのメリットやデメリットを確認の上、まずは相談してみる事が大切です。家族に借金相談しにくい場合は、第三者や専門の機関に相談に乗ってもらい、自分を客観的にみつめ治す事が大切です。東京や大阪などの繁華街の近隣には、専門の期間がありますので、一度行かれて見るのがオススメです。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る