My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

弁護士基準で交通事故慰謝料を計算しましょう

交通事故慰謝料は計算方法が3つあります。一番高価なのが弁護士基準でその次が任意保険基準、一番安価なのが、自賠責基準となっています。弁護士の基準と自賠責基準では、大きな差が生まれ倍以上になるケースもあります。

これだけ大きな差が生まれるのには、理由があって自賠責基準は現状を電話で聞き取るだけなので、判断を適正にすることができません。弁護士の場合は過去の事例を元に慰謝料を決定するので、相場から引き上げられます。提示された交通事故慰謝料に納得できない場合は、弁護士に相談をすれば、相場を引き上げられるのです。

交通事故慰謝料は弁護士に相談すべき

交通事故に遭うと、被害者側は治療費がかかったり、これまでの仕事が続けられなくなったりなど、さまざまな損害を受けることになります。それらの損害や事故によって負った責任に対して、加害者から交通事故慰謝料や賠償金が支払われることとなります。

その算定は、加害者が加入している保険によって行われますが、任意保険基準や自賠責保険基準では、必ずしも満足の行く賠償金が得られないことが多いです。その場合、弁護士に依頼をすることで、弁護士会基準を採用することができ、任意保険基準や自賠責基準よりも場合によっては10倍も多く賠償金が取れる事例があります。

交通事故慰謝料における弁護士基準について

交通事故が発生してしまった場合において、加害者側が支払うものとして交通事故慰謝料をあげることができます。この交通事故慰謝料については、それぞれの基準があることがあげられ、その基準に基づいて慰謝料の計算がされることがあげられます。

そのなかでも弁護士基準については、裁判所などでの判例をもとに作られた基準で、慰謝料の基準のなかでも一番高いことがあげられます。この基準で慰謝料を受け取りたいのであれば、交通事故弁護士に依頼することで可能性として高くなることでしょう。すべては交渉になりますので、交渉に強い弁護士に依頼をおこないましょう。

交通事故慰謝料について弁護士に相談するメリット

任意保険に加入しているので、交通事故に遭ったときは保険会社に全て任せておけば安心だと考えている人も多いでしょう。しかし、弁護士に相談した方が、交通事故慰謝料が多くもらえるという場合もあります。理由としては、交通事故慰謝料が弁護士基準の算出だと高額になりやすいからです。

入院や通院の日数をもとに計算する自賠責基準と違い、弁護士基準は新規の事例がある度に基準が変わります。そのため、事故当時の状況や怪我の度合いなどを加味して計算を行うため、他の基準よりも高い額を提示することができるのです。また、むちうちなどの後遺障害認定の取得もサポートしてくれるので、後遺症に対する分も上乗せすることが可能となります。

交通事故慰謝料の相談は弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故弁護士として有名。むちうちの慰謝料相場、交通事故慰謝料の弁護士基準の相談を受け付けています。

交通事故に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る