My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

期限がせまる過払い請求は弁護士に相談

2006年以降には、貸金業法の改正によって利息制限法の上限金利に引き下げられました。現在では、グレーゾーン金利が撤廃され、その当時に借り入れを行っていた人に、過払い請求が発生しています。ですが、2017年の現在になって、その時効が騒がれています。

元々、法律では過払い金請求の期限が決まっており、借り入れを開始した年から10年といわれています。それが、今となって10年の節目の年となり、来年以降に請求しても返還されなくなってしまいます。心当たりがある方は、弁護士に相談するのがスムーズに手続きをしてもらえます。

返済中の人が過払い請求するなら弁護士へ

現在借金を返済中の人でも過払い請求をすること自体はできます。しかしその場合には間に弁護士に入ってもらうことをお勧めします。借金返済中の過払い請求はあまり知られていませんが債務整理にあたります。また借り入れ先に対してもあまりいいイメージをもたれません。

それが原因で訴訟を起こされてしまったりしていたら困りませんか?そういったことを防ぐためにも間に入ってもらって、直接借り入れ先と交渉してもらうことが大切なのです。万が一訴訟になってしまった場合も代理していただくことができるので安心です。特に多くの借り入れ先から借りている人は気を付けましょう。

過払い請求の有無を弁護士に確認する

自分に過払い請求があるのかないのかを確認する時には自分が返済していた金額に基づいて計算できる方法もありませんが、この計算方法が非常に複雑で普段からこういった案件に取り組んでいる人でないと少し難しい所がありますので、弁護士などに電話をして聞いてみるのが一番確実で早いです。

「電話で聞くっていってもお金がかかるでしょ?」という人も安心してください。今では様々な法律事務所で無料電話相談を行っているので、有無だけでしたら無料で診断を受けることができます。完済がすでに終わっている人でも可能なのでぜひ診断してもらうだけでもどうでしょう?

過払い請求はグレーゾーン金利による

2006年の利息法改定によって、利息率が引き下がりグレーゾーン金利が撤廃されました。その当時に借り入れを行っていた人は、グレーゾーン金利によって、規定の利息率より多く返済を行っていたのです。この多く支払い過ぎた金利分を返還するのが、過払い請求となります。

グレーゾーン金利が撤廃されてから、今年で10年目を迎えますが、過払い請求の期日は最終の取引を行った日から10年と言われて言います。この10年を過ぎてしまうと、多く支払っていた分を受け取ることができずに、無くなってしまうので注意しましょう。この場合、弁護士に相談することで、調査や手続きを行ってもらえます。

過払い請求は無料で調査してもらえます

過払い請求があるかどうか確信がない方は、少しでも心当たりがあれば、無料で弁護士の調査してもらう事ができますので、ぜひ利用しましょう。2007年ごろまでは、多くの消費者金融やカード会社が、法律より高い金額で貸し付けていました。

お金を貸すときの利息は利息制限法で定められていますが、多くの貸金業者が、グレーゾーン金利で貸し付けていました。しかし、近年、法律が変わり、とられすぎた金利は返してもらう事ができるようになりました。これは法律で認められています。2010年までに貸金業者から借金をしたことのある人は、可能性があります。

過払い請求をするのに弁護士のサポートを得る

過払い請求をするのに弁護士のサポートを得ることで、債権者側とのスムーズな交渉を取り行っていくことができるでしょう。過払い金が発生している事は、多くの人に該当することが言われていますが、ほとんどの人が過払い請求をおこなわないままに過払いの時効が過ぎてしまいます。

一番は正しい情報がつかめないことや、自分の過去の借金について想像が曖昧な点が上がります。そのことで多くの人が過払いの請求を諦めてしまっていますので、非常にもったいない点が挙げられます。弁護士に相談することで、そのような不安も解消できますので談してみるといいでしょう。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る