My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

自筆証書遺言があっても遺留分は保護される

日本の相続制度は、被相続人が自筆証書遺言や公正証書遺言等の形で遺言を残すと、財産を誰に対して残すかを自分の意思で決めることができます。それがない時に初めて、法定相続分に従った相続がなされます。

ただし、一定の分については、親族は保護されます。遺留分というものがあり、それを侵害することはできなくなっています。もし、遺言によって遺留分が侵害されてしまったら、遺留分減殺請求を特定の受贈者に対して訴訟で行うことで、その分を自分の相続分とすることができます。これは、遺族の生活保障などを制度目的としています。

遺留分を確定させるには?

遺留分とは、相続人に与えられている権利のことです。被相続人が遺言書を残しており、本来ならば権利のある相続人に何も残さなかったとしても、相続権のある人は「遺留分」を請求することが可能です。

しかし、自動的に相続できるというのではなく、実際に相続した人に対して請求をする必要があります。さらに、請求できる期限が定められており、その期間内に実行しないと無効になります。この請求のことを「遺留分減殺請求」と呼び、相続する権利があると認められると、確定ということになります。その結果、遺産を相続できるという仕組みです。

直系卑属のうけとることができる遺留分

直系卑属とは、法律用語で直系尊属との対象語としての使用が一般的です。 直系尊属というのは、被相続人(死亡した人)の両親を指しますから、直系卑属というのは被相続人の子供たちを指します。

子供たちがいくら遺留分を有しているのかというところは、昔は認知されているかどうかで大きな差がありましたが、現在では一定です。 遺留分の額は被相続財産(死亡した人の財産)から算出される法定相続分の2分の1と決められています。

つまり、被相続人の相続財産が1000万円あった場合には、被相続人の配偶者と子供1人で500万円ずつ相続することとなります。 その際、遺留分は配偶者と子供で250万円ずつ算出されます。

遺留分の申立人になる資格

相続は時に血を分けた親兄弟で争うこともある問題です。 その際、相続人には法律で一定の割合が法廷遺留分として相続できるとことは保証されており、もしもその割合に満たない相続が行われたと菌は、遺留分を請求することが出来ます。

その際申し立てが出来る申立人は、遺留分を相続できる相続人となっているのですが、配偶者、子供や直系の子孫、両親など直系の尊属となっています。ただし、兄弟姉妹の場合にはたとえ相続に関する遺言に不満があっても、口を出すことは出来ないのです。どうしても兄弟姉妹の相続分を増やしたいというのであれば、財産を蓄えることに対して兄弟姉妹が貢献したこと認めさせる必要があります。それでも遺言の内容のほうが優先されます。

遺留分の無料相談ができるサイトについて

遺留分は、遺産相続の際に問題が生じることです。これは、被相続人の意思では排除することができない強行規定です。そのため、保護されているのですが、だからといって、何もしなくてもそれが認められるわけではありません。そのうえで、実際に遺留分のことを主張していくうえで疑問が生じることもあるでしょう。

そういった時に無料相談ができるサイトがあります。それは、弁護士に無料で質問することができる掲示板です。これの良い点は、単に費用が無料で相談できるだけではなく、きちんと知識がある弁護士が相談に応じてくれるという点です。利用の仕方は、質問を投稿した場合、その後に閲覧した弁護士が書き込みで助言をしてくれるという仕組みです。どの弁護士が書いているのかきちんと署名記事になっているため、信頼性が高いです。そして、その弁護士の顔写真はもとより、法律事務所の場所や連絡先などの情報が書かれているため、その書き込みを見て信頼できると判断した時に、その弁護士にアクセスしやすいです。

遺留分は遺産相続の面でとても重要なので、いい加減な情報は参考にできません。そのため、きちんとした情報に当たるべきですが、こういったサイトはきちんとした弁護士が回答をしているため、無料相談のために利用するのには適しています。

注意したい遺留分のポイント

資産の所有者が亡くなった場合は、相続の手続き作業をおこなう必要があります。中でも、被相続人の兄弟や姉妹を含まない相続人に対して、留保される相続財産の割合のことを、遺留分といいます。相続開始と共に、相続財産において定められた割合が取得できるものであり、権利も認められます。

遺産相続に関しては様々な法律が有効となる場合があり、また遺言書の存在有無によっても事情が異なります。弁護士や司法書士など、正しい知識を持つ専門家へ相談することによって、詳しく知る事ができるため、全貌が明らかとなる場合もあるでしょう。

遺留分における注意点とは

弁護士や司法書士などの国家資格を持つ専門家へ相談できる事柄の一つとして、遺産相続の問題があります。葬儀の後、所有している資産をどうするか相続手続きをしなくてはなりません。

民法では遺留分といって、被相続人との関係性によって最低限相続できる割合が決められています。これが侵害されている場合、減殺請求を行うことが可能となります。また、遺言書の有無によっても相続の内容が変動するため、相続人同士で諍いや不公平感のないように話し合いが重ねられる場合も多いです。正しい知識を把握した上で、相続手続きを進めたいものです。

遺留分・遺言書作成に関する記事

トップへ戻る