My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

債務整理の依頼

多重借金で、返済困っている方も近年増え続けています。

そんな債務整理を弁護士に依頼することが可能です。

債務整理には4種類あり、自己破産だけではありません。現状把握を行い、一番適した方法を選択することが望ましいのではないでしょうか?

借金の返済は行いたいが、借金を返済できない。利息を払っていくだけ。

このような状況に陥った場合など、少しづつでも返済が可能であれば、自己破産を行わず、任意整理・特定調停・個人民事再生など他の方法があります。

状況を正確に判断し、一番いい方法を弁護士と相談して選択する方法があります。

債務整理と借金整理の手順とは

大阪の都市部においては、多重債務の問題を専門的に取り扱っている法律事務所の数が増えてきており、経済的な問題を解決するにあたり、各分野のプロフェッショナルに相談を持ち掛けることが重要となります。

また、借金整理の方法についてわからないことがある場合には、最新の債務整理の特徴を理解することが肝心です。実績のある法律事務所の相談の仕方について知りたいことがあれば、まずは同年代のクライアントの体験談に目を向けることがとてもおすすめです。その他、債務整理の費用の相場をじっくりと理解することが成功につながります。

債務整理と住宅ローンの問題

大阪の都市部においては、多重債務の問題を抱えている人々が大勢いると言われていますが、特に住宅のローンをスムーズに返済するにあたり、早期に法律の専門家に相談を持ち掛けることが重要となります。

とりわけ、債務整理の大切さについては、一般の消費者にとって、速やかに理解をすることが難しことがあるため、まずは経験者の話を聞き入れることがポイントとして挙げられます。また、債務整理のリスクを考慮するにあたり、なるべく経験豊富な弁護士にアドバイスを受けることによって、将来的に様々なトラブルを防ぐことが可能となります。

弁護士や司法書士に頼まずに債務整理を行う特定調停

債務整理をする場合は、任意整理や自己破産などは、弁護士または司法書士に依頼してやってもらうことになります。この場合、司法書士は債務額が140万円までの場合に限られます。しかし誰にも依頼せずに、自分で債務整理を行う方法もあります。

それは特定調停です。この時はまず自分で裁判所に申立てを行い、調停委員会を通じて債権者側と交渉し、いくら返済するかを決めます。双方が合意すると調書を作ってもらえますので、その取り決めに応じて返済を行います。

この方法は経費がからないのが最大のメリットです。ただし定期的に裁判所に行く必要がありますし、弁護士や司法書士に頼んだ時のように、受任通知を出してもらうということがないので、債務整理の途中でも取立てが来ることがあります。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る