My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

遺言書作成を実施する

終活ということばを知っていますか?人生においてのエンディングを自分らしく迎えるための準備になります。この終活にはさまざまな準備をされている人もいますが、その一つとしてあげることができるのが、遺言書作成をすることになります。

この遺言書に関しては、子どもなどが増えるような場合などにおいてのライフステージによって、遺言書を更新してくことがあげられます。遺言書に関しては様々なルールがありますので、きちんと厳守することが必須になってきます。遺言書の作成について不明な点などがあれば、法律家や専門家などに相談することで解決することができるでしょう。

遺言書作成で注意する点

自分が亡くなることをあまり想像したくない人は多いでしょう。しかし遺言書を作成することで自分の死んだ後の相続財産の分配で家族や親戚が争うことなく円滑に分配できます。そのため、迷惑をかけないためにも事前に遺言書作成をしておくと良いでしょう。

しかし遺言書を書くといっても好きに書いてはいけません。遺言書の作成には法律に定まれた形式や用件などがありそれを守って書かなければ最悪の場合遺言書が無効となってしまいます。そのため、自分の遺書を無効にしないためにも可能であれば弁護士に相談して遺言書を作成すると良いでしょう。

遺言書作成にかかる時間について

遺言書作成にかかる時間は、作成する遺言書によって異なります。司法書士に依頼して作成する場合、自筆証書遺言なら一度面談をして遺言の内容を確認してから、作成に取りかかるというケースが多いです。それほど時間がかからないのが特徴です。

秘密証書遺言の場合、遺言書を作成したあと公証人役場へ足を運ぶ必要がありますので、自筆証書遺言よりも時間がかかります。しかし、それほど手間はかからず、予定さえ合えば1週間程度で完成させられます。公正証書遺言の場合は、遺言書の案を提示してから公証人に作成してもらうため、時間がかかります。公証人の都合によってかかる時間が異なるのです。

遺言書作成は慎重に行うもの

遺言書作成は、法律に従っている必要があります。法律違反になると、無効になってしまい想いが実現できないので注意が必要です。遺言書だけにとどまらず、相続放棄の方法、法定相続情報証明制度、子供がいない人の遺産分割といった個別の疑問は、弁護士に相談するといいでしょう。

2017年5月末からは、手間がかかるとされる相続手続きが少し簡素化されました。これまで被相続人と相続人全員の戸籍謄本を揃える必要がありましたが、今後は書類一式を法務局に提出しておくと、証明書の写しを出してもらえます。これにより、手続きがスピーディに進めることができるでしょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分・遺言書作成に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る