My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

再婚している場合の遺言書作成

前の配偶者との間に子供がおり、また再婚相手との間にも子供がいる場合には、ぜひ遺言書作成をしたいですね。遺言書作成をしないままにしてしまうと、揉めてしまう可能性も考えられます。この様に自分がいなくなった後には揉める様な事があるかもしれないという時には、遺言書作成をする様にしたいですね。

また、身寄りがなくても、面倒を診てくれた人に遺産を渡したいという時にも遺言書作成を行っておく方がいいでしょう。自分は家族のために良かれと思って遺産を引き継ぎたいと思っていても、つい欲望が入ってしまいトラブルに至るという事もあると思うので、遺言書作成は済ませておくに越した事はないでしょう。

自筆の遺言書作成の手順について

遺言書作成にはいくつかの方法がありますが、一番簡単で費用も掛からないのが自筆証書遺言です。これは、自己の財産の処分について自筆で内容を書き示したものです。ただし、どのような方法でも良いわけではありません。

用件を外していると、たとえ本人の意思を表しているものであったとしても、それは有効な遺言と話されません。自筆の遺言書作成の手順は、自筆で書くこと、日付を書くこと、押捺することの要件を満たせば、どのような形で書いても構いません。仮にチラシの裏に書いたとしても有効です。ただし、内容は明確でないと、買い手も意味がありませんので、参考文例等を参考に明確な内容にしておく必要があります。

遺言書作成と書類の紛失のリスク

遺言書作成を行う際には、重要な書類を紛失しないようにしっかりと管理をすることが成功の秘訣として挙げられます。 最近では、必要書類の紛失のリスクに対処をするために、大手の法律事務所の支援を受ける人が目立っており、経験豊富な法律家から助言を受けながら、常に適切な対処をすることが良いでしょう。

また、遺言書作成のために必要な期間については、それぞれの相続人の話し合いの進捗状況によって、大きな違いが出ることがあります。 そこで、数々のトラブルを防ぐために、大手の法律事務所の最新の実績を理解することが大事です。

遺言書作成の書き方

遺言書作成の方法をマスターしたい場合には、早いうちから書類の書き方を覚えることがとてもおすすめです。最近では、人気の高い法律事務所のサポートの内容について、多方面のメディアで詳しく紹介が行われることがあるため、いざという時に備えて、アフターサービスがきちんとしている依頼先を探すことがポイントとして挙げられます。

一般的に、遺言書作成の流れを理解するためには、数週間から数カ月以上にわたる時間が必要となることがあるため、同じような立場の人の体験談をチェックすることで、落ち着いて行動をすることが可能となります。

遺言書作成の内容について

最近では、遺言書を作成する人が増えています。遺言書を作成していくうえで、いくつか方法があります。自筆で作成を行う自筆証書遺言や、公証役場に所属する公証人に遺言内容を伝言し、公証人が遺言書を作成していく公正証書遺言がります。

他にも、秘密証書遺言があり誰にも知られることなく、作成することが可能となり、公正役場に持っていく方法になります。遺言書作成と言われると、お金持ちの人だけの方法に思えますが、最近ではライフスタイルが多様化し、さまざまな場所で影響してきますので、遺言書を作成することをおすすめします。

遺言書作成後に添削を

作った遺言書は、そのままでは効力が無く、残してしまうことで問題が起きる可能性もあります。正しい遺言書を作りたいなら、添削を受けることが大事です。遺言書作成後に、書いた内容を見てもらい、間違っている部分があればもう1度書き直すようにします。

修正はできないので、ここが違うと指摘されているなら、それはやり直しをするのです。こうして本当に大丈夫な遺言書を作成して、残されている遺族がわかりやすく、そして効力を持たせるために添削は行なってください。対応している業者も多く、依頼を出せば少ないお金で確認してくれます。

遺留分・遺言書作成に関する記事

トップへ戻る