My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

交通事故慰謝料について弁護士に委任するメリット

交通事故が発生し、被害者に何らかの障害が残ってしまった場合や、被害者が死亡してしまった場合、加害者との間で問題になるのが慰謝料の額です。 多くの場合、加害者も何らかの保険に加入していますが、動体と動体の事故であれば、中々満額支払いとはなりません。 一定程度の被害者側の過失もあると主張してきます。

こういった場合に弁護士に委任すると、相手方保険会社の言いなりになるということがなく、こちらの主張を行い、十分に渡り合うことができます。 保険会社の言い値で泣き寝入りをする・・・ということがなくなるというのが最大のメリットです。

当事者間の過失割合による交通事故慰謝料

過失割合というのは、交通事故の当事者間でお互いの過失の程度(落ち度)を割合としたものです。たとえば、止まっていた他人の車に追突した場合などの過失割合は、「100対0」となり、一方的にぶつけた方に過失があることになります。

そのときの割合によって交通事故慰謝料の賠償金の金額が決まります。自分の加入している保険会社や事故の相手の保険会社と、交通事故慰謝料に関して示談交渉が行われます。自分が依頼した弁護士の交渉しだいで交通事故慰謝料の金額が増える場合もありますから、示談交渉に強い弁護士に依頼しましょう。

交通事故の損害の大きさと慰謝料や損害賠償の仕組み

交通事故の際に大きな損害が発生した場合には、経済的な補償を求めることができるケースがあるため、まずは身近なところにある専門性の高い法律事務所に相談をすることが良いといえます。

この頃は、交通事故の慰謝料や損害賠償の請求のポイントに関して、各地の実績のある法律事務所のパンフレットや公式サイトなどに詳しく掲載されることがあります。 そこで、人気の高い法律事務所にサポートを依頼することによって、交通事故に関する様々なトラブルを未然に防ぐことができるため、まずは日ごろから依頼先をじっくりと見極めることが大事です。

交通事故慰謝料と神経症状の関係は?

交通事故傷害で最も多いのが神経症状(むちうち)です。交通事故慰謝料は障害の等級によって支払額が決定されます。 その症状は実に様々になっており、後遺障害と認定される基準がいくつかあります。 交通事故慰謝料が支払われるか、非該当になるかの一線の基準を説明します。

認められるのは局部の神経症状が残っており、この障害が交通事故の発生状況や受傷状況と整合性をもつことが必要になります。そして事故発生から5,6カ月の間通院や入院が継続しており、治療経過が首尾一貫している必要があります。 加えて医師の行為障害診断書が必要となります。

交通事故慰謝料の事例を見て相場へ

後遺障害が残ってしまった場合、交通事故慰謝料を支払うことも当然のように発生します。しかし事例によって金額を把握しないと、わからないまま支払いをする可能性があり、事故を起こしてしまった方には払い過ぎの問題が、受け取る側には少なすぎる問題も出てしまいます。

本来であれば、もっと多くの金額を得たいと思っている、安くしたいと思っている方もいますが、実際に相場を見ながら考えていくことが大切です。相場を知らないまま行なってしまうと、トラブルが起こりやすいので、過去にあった事例などを出してもらい、その金額を参考にするといいです。

交通事故慰謝料の事例に基づく交渉

後遺障害など、交通事故の被害に遭ってしまった場合に考えられる事例には、様々な状況が想定されます。万が一、自分が被害者となってしまった場合、加害者との間で行われる交通事故慰謝料にも、注意しながら行いたいものです。

提示された金額に対して納得ができない時、また、思うように交渉が進められない時や、思わぬトラブルが起こりそうになった場合には、個人的に対処することが困難な状況に陥ってしまいます。弁護士などの法律専門家へ相談することにより、法律に基づいた判断が可能となり、問題を解消させることも可能となります。

交通事故に関する記事

トップへ戻る