My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

個人再生の相談は司法書士と弁護士どちら?

個人再生で減額できる金額は法律で定められています。例えば、100万円から500万円なら100万円まで、500万円から1500万円なら5分の1まで借金を減額できます。このように、100万円未満ではあまりメリットがありませんし、100万円以上でも少額な場合には任意整理をしたほうがよいでしょう。

認定司法書士が代理人になれるのは140万円までの借金の場合です。そのため、個人再生についての相談だけならば司法書士でも受け付けてくれますが、代理人になってもらうなら弁護士に依頼をしなければなりません。

住宅ローン特例を利用する場合にはさらに複雑になりますので、個人再生に強い弁護士に最初から相談をしたほうがよいと思われます。

個人再生の状況を確認しよう

個人再生の手続きをスムーズに行うためには、ある程度の時間が掛かることがありますが、大阪の評判の良い法律事務所にお世話になることがとてもおすすめです。 特に、借金の返済状況については、それぞれの仕事の事情によって大きな違いが見られることがあるため、まずは信頼のおける弁護士にアドバイスをもらうことが良いでしょう。

人気の高い法律事務所においては、個人再生のリスクについて、メールや電話などを通じて、様々な視点から説明をしてもらうことができるため、一般の消費者であっても、冷静に対応を取ることが可能となります。

個人再生する場合の財産処分

個人再生を利用する場合、財産処分は必ずしも必要ありません。しかし、所持している財産や資産の価格が、弁済額に影響を及ぼしてきます。つまり、財産、資産を保有したまま個人再生をすることは可能ですが、それに相当する価格分の返済は必ずしなければならないということです。

ですから、もしも返済額がそのために無理な金額になってしまうのであれば、財産や資産を処分しなければならなくなるかもしれません。例えば、加入している生命保険の毎月の支払いが高額である場合、弁済原資金が足りなくなるおそれがあるというような場合には、その保険を解約しなければなりません。

個人再生の司法書士弁護士手続きについて

個人再生を行う際に弁護士や司法書士に依頼する時がありますが、この場合の手続きにについてですが先ず負債金額の書類、印鑑証明書や身分証明書が必要になってきます。また個人資産についてもあらゆる物について調べておく必要があります。

弁護士等に手続きする際には、ひとによっては得意や不得意がありますので、選任するのも重要になってきます。個人再生中に関しましては、国内旅行に行くのは多少の制限はありますが、自由に行けますが、海外旅行となりますと出国は認められずに行けませんので注意が必要になってくるのです。個人再生をする事は多少のリスクはありますが、一度整理したい方はやった方が良いです。

債務の支払いに困ったら。個人再生は弁護士又は司法書士へ

借金の支払いに困ったときは、悩むより具体的な計画が大切です。債務整理の手続きにはいくつかの方法があり、それにより適切な解決が見込まれます。その内のひとつに個人再生という制度があります。

裁判所の認可を条件に、数年はローンが組めないなど幾つかのデメリットはありますが、住宅を手放すことなくローン以外の債務が原則5分の1に減額されるというものです。ただこの制度には再生計画案を裁判所に提出し認可される必要がありますので、専門的な知識が求められます。個人再生に関して知りたい方は弁護士や司法書士に相談してはいかがでしょうか。 

個人再生のための借金相談について

弁護士や司法書士などによって実施されている借金相談の中には、借金の返済に関する悩みが一番多く挙げられます。どのように対処したら良いか分からない程の借金問題へと発展してしまっている方の場合、債務処理による手続きを行うケースもあります。

直接、借入先との交渉を行う任意整理だけでなく、裁判所からの判断を受けた上で借金額が減らされる個人再生も存在しています。法律専門家からのアドバイスも重要となる事も多くより確かな、そして法律に基づいた判断基準や情報を取り入れたいという方にとっても、心強い味方となることでしょう。

個人再生・過払い請求に関する記事

トップへ戻る