My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

相続手続きには種類ごとに期限があります

相続手続きは、種類ごとに期限がなります。 遺産相続を行った場合には、所得税や相続税などの申告が必要になり、3,000万円+相続人の人数×600万円以上の遺産相続の場合には所得税の申告を4ヶ月以内に行う必要があり、相続税の申告は10ヶ月以内に行う必要があります。

しかし、遺産相続には、現金や有価証券などのプラスの相続ばかりでは無く、借金が含まれている事もあり相続がマイナスとなる事があるので、相続放棄と限定承認が認められており3ヶ月以内に申告する必要があります。

遺留分に関しては、1年以内に請求する必要があり、配偶者の相続税軽減や小規模住宅地の課税価格の特例、農地等の相続税猶予の申告は3年以内に行う必要があります。

相続人の死亡時の相続手続き

相続人の死亡時の相続手続きの始め方については、一般の人々にとって、分かりにくいことが多くあるため、一刻も早く弁護士などの専門家から助言を受けることが効果的です。

最近では、遺産相続に関するトラブルに対処をするために、第三者に依頼をすることによって、冷静に話し合いを進めようとする人々が増えてきています。 また、相続手続きに必要な費用の支払い方や、行政機関での手続きの取り方については、様々な書籍や情報サイトなどで紹介されることがあるため、空き時間を使いながら、必要な知識を身につけることが望ましいといえます。

相続手続きの相続放棄と遺産分割の関係

相続手続きにおける遺産分割協議について、相続放棄した人は当然参加しませんが、遺産を放棄する事と分割協議で遺産を貰わない事は同じではない点に注意が必要です。 相続手続きにおける相続放棄は、相続が開始されてから三ヶ月以内に家庭裁判所に申述して、その内容を受理される必要があります。一方、分割協議で遺産を貰わない場合は、協議書にその旨を記載されるだけです。

両者の違いは、前者が被相続人の財産や負債の一切を承継しない事を指すの対し、後者は被相続人の財産は貰わないが負債は承継する場合がある点です。なぜなら、遺産分割協議では相続した財産の分割内容を決めるために行われ、そこで分割内容が0円(分割なし)となったに過ぎず、後から見つかった負債などについても承継したとみなされ、負担をしなければいけないからです。

知らないと損する!相続手続きの相談内容とは

親がなくなったときには、いろいろな法律上の手続きがありますがそのときに、もっとも相談依頼が多いのが、相続手続きについての相談です。その中でも親が認知症になってしまったというケースです。親が認知症になり正常は判断ができなくなってしまい遺言作成ができないとか、どのような書類ができていたのか内容がわからないなどいろいろです。

相続手続きは弁護士だけでなく、司法書士、行政書士などでもできます。大阪にお住まいの方は、司法書士、弁護士などいくつかの候補の中で、話をして依頼するかどうか決めていくといいでしょう。

相続税を安くするには?遺産相続手続きについて

大阪で遺産相続手続きをされる方で少しでも安くするなら、すべて自分で行うことが一番でしょうが、後々のトラブル、手続きに要する時間などを考えると専門家に依頼する方が最終的には安くなることがほとんどです。

土日問わず、夜間も相談可能なところもあるので、忙しい人でもまずは相談してみても良いのかもしれません。また、相続税の手続きには、各名義変更に金融機関、登記所を訪れ、また、役所へ戸籍謄本を取りに行ったりと、多くの時間を要します。

専門家に依頼することでこの部分をすべてやってもらえる上に、もちろん専門的な知識も得ることが出来ます。特に高齢の方が遺産相続手続きをする場合、あらかじめトラブルが想定される場合などはすべて専門家に依頼してしまうほうが安心です。

状況に応じた相続手続きの弁護士の選び方とは

相続手続きとして利用できる事務所には、弁護士の法律事務書や司法書士、行政書士があります。でも依頼先を選ぶ場合は、その専門性にあった事務所を選ぶべきです。いくら法律の知識が広くても、借金問題を得意としている法律事務所だから、相続も同じように得意としているというのは、大きな間違いです。

また、紛争がおきることが予想できる場合なら、弁護士に依頼する価値は十分にありますが、特別な理由がないにも関わらず介入させることで、余計なトラブルを生じさせてしまうこともあるようですから、状況に合わせた対応や依頼先を探すべきです。

遺産分割協議・相続手続きに関する記事

トップへ戻る