My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

信頼できる弁護士の大切さ

何事も無く、日々生活をしていければそれに越したことはありませんが、万が一トラブルに巻き込まれた時など、また、親族の相続問題など一人では解決できないことが多々あります。

問題を一人で抱えていてもなかなかいい解決策が見いだせない場合など、そんな時に信頼できる弁護士に相談し、解決をしていくことで、少しでも早く安定した生活に戻ることができるのではないでしょうか。

例えば、車を運転していると電柱にぶつけてしまって破損してしまった、もしくは周辺のお宅の塀にぶつかり破損してしまった、などという交通事故も考えられます。怪我がなければ、少し安心できそうですね。

それでも、破損した物に対して弁償する必要が出てきます。対物の交通事故であったとしても、慰謝料の金額が大きくなる事もあります。

更に慰謝料の金銭的なトラブルに発展しないためにも弁護士に相談してみてはどうでしょうか。

弁護士に相談するときっと心強いでしょう。これからの自分の人生の事を考えると、ずっと不満を抱きながら生活するのは嫌ですね。すっきりと解決してしまって、気持ちよく生活したいですね。

大阪で弁護士を探すなら「弁護士 大阪」で検索。

信頼の過払い請求サービス

昔にサラ金やクレジットローンを利用した方には今、借金があるかどうかには関係なくお金が返ってくる可能性があるのです。

時にはそれを過払い請求といい、過払い請求をすべきかどうかという事で悩むならまずはよく考えてみましょう。

過払い請求をしても、実際に戻ってくる金額はいくらか、という事について関心を抱いている人は多いと思います。

全額戻って来た場合と、そうではない場合もありますので、どうなるかという事は、やってみるまで分からない事もあるでしょう。より多くのお金が戻ってくればいいですね。

時には訴訟になってしまうという事も考えられますので、発生しているお金がそのまま手元に戻ってくるかはわかりません。

弁護士について

大阪の安い弁護士事務所大阪で民事事件にかかる費用の相場とは
弁護士大阪で不動産問題相談の際必要になってくるものとは
大阪の弁護士急増している弁護士について

交通事故について

交通事故慰謝料交通事故慰謝料で弁護士に依頼をすると増額できる?
交通事故慰謝料事例交通事故慰謝料について弁護士に委任するメリット
交通事弁護士に相談交通事故慰謝料と示談との関係とその事例
交通事故弁護士事例を基に交通事故慰謝料請求できる期間
大阪の交通事故弁護士弁護士基準で交通事故慰謝料を計算しましょう
交通事故慰謝料における相場特約で交通事故弁護士に相談
交通事故相談で早期解決交通事故弁護士に弁護を相談する利点
通院が必要な交通事故交通事故弁護士に早めに電話相談するメリット

過払いについて

過払い請求について返済してもらう過払い
過払い延滞利息は過払い金に入る?
期限がせまる過払い請求は弁護士に相談過払い請求を依頼する弁護士の選び方
過払い請求に適した弁護士について個人再生の相談は司法書士と弁護士どちら?
個人再生大阪個人再生を司法書士や弁護士に依頼して完済
個人再生は司法書士や弁護士に依頼返済額を減額できる個人再生とは

離婚について

離婚弁護士離婚弁護士に相談すると
離婚弁護士大阪離婚弁護士は性別を選べる

相続について

相続手続き遺留分に係わる費用の相場
遺留分の制限遺留分の手続きの取り方
相続税の遺留分遺言を遺す時には遺留分を考慮して
相続手続きの費用自筆証書遺言があっても遺留分は保護される
相続手続きの際の相続税再婚している場合の遺言書作成
遺言書作成遺言書作成ならどれを選ぶ?
遺言書作成を実施する遺言書作成にはルールがあります
遺産分割協議未支給年金の遺産相続における遺産分割協議
遺産分割協議を円滑にすすめる手引き遺産分割協議の流れについて

交通事故弁護士の対応について

交通事故弁護士の対応の良しあしに関しては、それぞれのスタッフの経歴やトラブルの事例などによって、大きな違いが見られることがあるといわれています。そこで、優秀な交通事故弁護士を選びたい場合には、しかるべき期間に相談を持ち掛けることにより、しっかりと契約を結ぶことがポイントとして挙げられます。

人気の高い交通事故弁護士の特徴として、報酬額がリーズナブルであることや、無料相談などのサービスが充実していること等があります。もしも、依頼先の選び方に迷っている時には、顧客のレビューの内容に目を通しておくことが良いでしょう。

交通事故弁護士の選び方

交通事故弁護士に依頼する際、どの弁護士に頼めば良いのかわからない人がほとんどではないでしょうか。弁護士にも得意不得意がありますので、実務経験が豊富な方に依頼したいものです。専門書を執筆しているかどうかがひとつの判断基準となります。

実績がないと法律関係の出版社では本を出せませんので、専門書を出すほどの実績や知識があるといえるでしょう。また、ニュースなどで交通事故の専門家としてコメントを求められている弁護士も信頼できます。テレビ局は、取材する弁護士選びには慎重ですので、実績がある弁護士だと判断できます。ウェブサイトで実績を公開しているところもありますので、しっかり情報収集してから依頼をしましょう。

示談交渉の精神的ストレス軽減に役立つ交通事故弁護士

弁護士というと、ドラマなどの影響から法廷でのイメージを浮かべるかもしれません。実は裁判以外でも、法に則って有効なアドバイスや知恵を授けてくれる、いざというときに頼れる存在なのです。

例えば交通事故に遭遇したときに相談すれば、スムーズに解決へと導くことが出来るでしょう。事故の事情聴取が終わったら、加害者側から保険会社を通じて示談金についての交渉をすることになります。その際に交通事故弁護士に依頼しておけば、適正価格での請求が可能になりますし、交渉を代行してもらうことにより、手続きに伴う精神的負担も軽減出来ます。

こじれてしまった交通事故相談は損害保険紛争解決機関へ

通常は交通事故の被害者になってしまった時には、加害者側の保険会社や自分が加入している保険会社が対応に当たることになりますが、話し合いの結果に納得できない時や疑問を感じることもあるでしょう。自分だけで解決するのが困難な場合は弁護士など専門家に交通事故相談するのが良い方法です。

また、弁護士に交通事故相談する以外ではそんぽADRセンターなどの損害保険紛争解決機関を利用する方法もあります。第三者が間に立って和解案を提示してくれるなど中立・公正な立場で紛争を解決に導いてくれます。電話や文書でも相談可能ですので、交渉がこじれてしまった時には利用してみてはいかがでしょうか。

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算してもらいましょう

交通事故慰謝料は、主に3つの基準で計算していきます。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準、この3つです。この中で一番安価なのが、自賠責基準で、一番高価なのが弁護の基準です。弁護士は過去の事例などを元に計算していきますし、適正な後遺障害認定を得ることが出来るので、自賠責基準と大きな差が生まれます。

交通事故に遭うと、最初に自賠責基準による慰謝料が提示されますが、納得がいかない場合は、弁護士に相談をして、弁護士の基準で慰謝料を、計算してもらうようにしてください。交渉などもすべて弁護士が代理でしてくれます。

適正価格の交通事故慰謝料を得るために

交通事故に巻き込まれてしまったときに、自分で対処しようとするのは危険です。なぜなら、交通事故慰謝料や損害賠償をきちんと請求するためには専門知識が必要になるからです。知識不足のまま相手と交渉すると、受け取れる金額が少なくなる可能性があります。

早めに交通事故弁護士を頼り、専門的なアドバイスに基づいて正当な金額を請求しましょう。ただし、弁護士によっては交通事故関連の事例に詳しくないこともあります。依頼前に、交通事故弁護士としての実績を確認することが必須と言えるでしょう。実績豊富な弁護士に相談することで、正当な交通事故慰謝料や損害賠償が受け取れる可能性が高まります。

交通事故慰謝料の種類ともらえる金額

交通事故慰謝料には、以下の3種類があります。交通事故によって入院や通院が必要になった場合には、入通院慰謝料が支払われます。事故により負った怪我が後遺障害等級認定された場合には、後遺障害慰謝料が支払われます。

事故によって死亡してしまった場合、遺族に支払われるのが死亡慰謝料です。全ての慰謝料に対して、自賠責という強制加入の保険による保障金額が定められています。任意保険は加入している保険会社やコースによって支払われる金額が変動します。最も金額が高くなるのは、過去の事例を参考にして金額を決定する弁護士基準による慰謝料です。

会社を経営している人は顧問弁護士を付けよう

会社を経営していると、顧客からクレームがあるという事も考えられます。

小さなクレームであれば謝罪するなどして解決できる事もあると考えられますが、大きな事となると裁判になったり、多額の慰謝料を支払う必要があるなどかなりかなり深刻な場合もあります。その様な時のためにぜひ顧問弁護士と契約しておきたいですね。何か大きな問題が一旦起きると、仕事を続ける事が難しくなってしまう事もあります。

普段の業務で問題が発生しない様に最大限注意する必要がありますが、いろんなケースが考えられます。決して侮る事なく、万が一の時に供えて、顧問弁護士の契約を行うなどの対策は行っておいた方がいいでしょう。

トラブル解決の弁護士

生活をしていると様々なトラブルに巻き込まれることがあります。アメリカは訴訟を起こすことが日本の何倍も国民に浸透していますから、ある意味訴訟に慣れており、法律事務所も身近な存在です。

かつて、日本において訴訟というと、何か区別なことのようでしたが、最近では、訴訟が非常に増えています。一般的に多いのは離婚訴訟ですが、騒音やペットの問題なども訴訟になるケースがあるそうです。

その場合、弁護士の存在はとても大きなものです。弁護士の良し悪しで、訴訟の展開は大きく異なるのです。

トラブルに巻き込まれたら、一人で悩まず、法律事務所を訪ねるべきなのです。

過払い請求を弁護士に相談するメリット

貸金業者から借金をしてすでに借金が返し終わった場合は、早めに過払い請求をする事がおすすめです。請求できる期限が決まっています。期限が過ぎれば請求権が消滅してしまいます。貸金業者との取引が長ければ長いほど戻ってくる金額は高額になります。

自分に過払い金があるかどうかは弁護士に相談する事で判明します。取引に関する詳しいことが不明でも、貸金業者に取引履歴の開示要求をすればわかるので心配ありません。貸金業者とのやり取りは個人では困難です。借金問題の解決経験の豊富な交渉力のある弁護士に依頼する事が大事です。

自己破産や借金相談は誰にするべきか

自己破産という言葉はよく耳にしますが、実際どういうもので誰に相談すればいいのかいまいちわかりませんよね。借金相談は基本的に弁護士や司法書士の法律事務所に対して行うのが一般的です。そういったところでは債務整理といって法的に第三者、この場合で言う弁護士や司法書士に介入してもらうことで借金の整理を行うという業務を受け付けています。

その債務整理の手段の一つが自己破産というわけです。これは裁判所を通して借金が免除されるというものなのですが、メリットだけでなくデメリットももちろんあります。ブラックリストにのることと、財産を没収される可能性があることです。大阪にも司法書士などの事務所はあるのでまずは相談してみましょう。

住宅ローンを個人再生できるかの借金相談

個人再生においてはさまざまなルールがあり、債務整理のなかでも一番難しいと言われている手段になりますので、弁護士などの専門家の力を借りて、準備していくことが大切になってくるでしょう。

この制度においては住宅ローン以外の借金であることが条件とされていましたが、住宅ローンのみを個人再生におこないたい場合には、適用が可能になります。ただし、いくつかの条件がありますので、それらをクリアすること、期限によっての利益の回復や巻き戻しが可能になります。このように専門的な知識が必要となってきますので、専門家に借金相談しておく事は大切でしょう。

相続税お尋ねと申告書またはひな形が送られてきた時

親族が亡くなってしばらくたってから相続税お尋ねと場合によってはそれに加えて相続税申告書またはそのひな形が送られてくることがあります。2015年の相続税の税制改正により、相続税の基礎控除額が引き下げられたため、課税の対象になる人が大幅に増えました。

相続税の申告は親族の死亡を知った日から10か月以内にしなければなりません。お尋ねが来るということは税務署が相続税が発生する可能性が高いと判断したことを意味します。お尋ねにきちんと回答すれば相続税が発生しない場合はこれで済みますし、発生する場合は期限内に申告することでペナルティのない税金を納めることができます。

遺産分割協議の「代襲相続」とは

遺産分割協議における代襲相続とは「相続人が死亡・相続欠格・相続廃除といった理由によって相続の対象外となった場合、その子どもたちが相続の権利を得る」というシステムのことです。

例えばAさんの父親が亡くなった場合にはAさんが相続人となるわけですが、ここでもしAさんが死亡していた場合にはAさんの子どもが相続の権利を得ることになります。これが代襲相続です。

ただ注意が必要なのが相続廃除の場合もこういった措置が取られるという点で、例えば遺産分割協議の前に遺言書などで「この者には相続をさせるな」という廃除があったとしても、代襲は認められています。こういった扱いについては法的にかなり入り組んだところもありますから、もし不安がある場合には事前に弁護士などに相談しておくことをお勧めします。

遺言書さえあれば遺産分割協議は簡単

時間がかかる上に、多くの人が言い争いになりやすい遺産分割協議ですが、遺言書があるなら簡単に終わります。遺言書の内容をチェックして、遺産の分割方法を全て確認しておけば完了するのです。

遺言書が残されていない場合は、遺産分割協議を行って分割の方針を参加した人全員で決めることになります。遺言書さえ残されているようなら、遺言書に書かれている指示の通りに分割を行って、後は手続きさえ完了すれば遺産を受け取れるのです。遺言書がほぼ絶対的な強い力を持っているのは間違いないことで、残した方がいいとされているものです。

遺産分割協議に必要な人物

遺産分割協議を進めて、相続人の間で遺産問題を解決するには、相続人すべてが穏便に調和をとりながら話しを進められることが理想的です。しかし、現実問題、いくら親族が集まる場ではあっても、個人の意見が存在してしまい、納得できない、面倒くさい、などさまざまな理由で喧嘩になったり話し合いが上手く進まないことが多々あります。

そのような場合には、遺産分割協議をまとめる進行役がいるとスムーズになります。親族の誰かでも良いですし、複雑な相続が見込まれる場合には弁護士などの専門家を雇うこともできます。進行役はほかの相続人をまとめる重要な役目となります。

遺言書作成における5つの効力とは

遺言書作成の際に覚えておきたいのが、5つの効力がある事です。遺産相続に関する内容で、相続人の廃除等や、相続分の指定等を決める事ができます。又、遺産分割方法の分割と指定の禁止や、相続財産の処分に関する事、内縁の妻と子に関する事、遺言の執行に関することなどの効力があり、決める事ができます。

遺言書は時とともに内容も変化していきますので、メンテナンスする事が大切です。ライフスタイルの変化など見直すいいタイミングです。大阪を始めとする都道府県に専門の窓口がありますので、無料相談に行かれてみてもいいかも知れません。

最近話題の遺言書作成

最近、遺言書作成を始める方が増えているようですが、遺言書を作成するメリットには何があるのでしょうか。例えば、相続人同士が揉めることなく相続手続きをできることや、相続人が遺産分割方法に関して悩まなくて済むこと、遺産分割協議の手間が省けること、長男の妻や孫、内縁の妻などにも財産をあげることができるという点が挙げられます。

家族である相続人同士の揉め事が少なくなるというメリットから、作成に踏み出す方が多いようです。遺言書作成には司法書士などの専門家への依頼が必須になりますので、気になる方は無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

健康なうちに遺言書作成

自分の死後、不動産や預貯金などの相続が発生する人は、健康なうちに遺言書作成を行うことをおすすめします。主に遺言書として知られるのは二種類あり、自筆証書遺言と公正証書遺言です。

自筆証書遺言は文字通り、紙にペンで書く必要があります。公正証書遺言は公証人役場に出向き、作成する必要があります。どちらも病床で死の間際になって準備できるものではありません。

また、健康なうちに遺言書を作っておくことで、財産が整理できますし、その後の人生をどう歩んでいくか見直す機会にもなります。思い立ったときから準備を始めると良いでしょう。

遺留分は家族を守る制度です

遺留分は、遺言書によって法廷相続分を侵害された家族が、一定の割合で書かれた遺言書の内容を否定し、法定相続分で遺産相続することが出来るようにする制度です。法律では、遺言書の内容によって遺産分割をするようにと定められていますので、愛人に全ての財産を与えるとする事も出来ます。

しかしこれでは、残された家族の生活を守る事が出来ず、不安定な生活を余儀なくされます。そこで、遺言書でどんな内容で、遺産分割をしようとも残された家族には、一定の割合は必ず相続することが出来るように定められているので、愛人から財産を一部奪い取る事が出来るようになっています。

法定相続人の主張と呼べるのが遺留分

故人の遺言書作成や贈与などがあった場合、本来相続するはずの法定相続人が十分な遺産を受け取れない場合があります。そこで遺言書などに関係なく、法定相続人が遺産相続を主張して、一定の割合の財産を受け取れるように定められたのが遺留分です。

具体的には、兄弟姉妹以外の法定相続人が主張できます。配偶者やその子どもなどです。例えば、愛人へ全ての遺産を譲るといった遺言書作成がされていても、その配偶者や子どもは最低限の遺産取得が遺留分によって守られるのです。ただ、遺産相続を放棄した場合についてはこの限りではありません。

遺留分の請求はお早めに

遺産は全て愛人に譲るというような、あまりにも相続人を蔑ろにした文面だったとしても、きちんと法律に基づいて遺言書作成されていれば有効となります。しかし、被相続人の自由ばかりを尊重していては、相続人が不利益を被るケースが出てきますので、日本の法律では遺留分の権利が認められています。

ただ、これは、黙っていても一定の遺産が相続人に確保されるものではなく、自ら請求をしないと遺留分の遺産を相続する事は出来ません。期限も原則一年間とあまり猶予がないので、出来るだけ早く法律事務所などに相談したほうがいいでしょう。

遺産相続手続きの内容

遺産相続手続きの内容については、故人が所有されていた財産によって大きく変わることでしょう。マイナスの負債などについても財産になってしまいますので、財産放棄の手続きが必要となります。このように財産一つ一つに細かな決まり事などがありますので、対応することが必要とされます。

煩わしいようであれば弁護士などの法律家に依頼することで、さまざまなことを引き受けてくださるでしょう。また、遺産トラブルなどになってしまった場合でも、弁護士であれば紛争に対応できますので、万が一の時に備えて弁護士を依頼することをおすすめします。

大掛かりな相続手続きは分担しよう

相続手続きを行っていく場合でも、不動産が複数あったり、遺産のある口座があまりにも多く存在しているなら、相続手続きを分担して行うようにしてください。分担して貰う人は、弁護士が望ましいです。

自分達で進めるよりも、弁護士の方に協力してもらい、相続に関わる手続きの代行を行ってもらいます。相続の代行というのは、必要な書類などを集めてもらい、提出してもらうだけという簡単な方法です。受け取る人は相続人で変わりませんから、代行してもらえるなら手間を軽減できるでしょう。複数の不動産が残されている場合は、特に分担という言葉は大事です。

遺産が少ないなら相続手続きも楽になる

相続手続きに時間がかかる場合は、遺産の金額が多くなっていたり、不動産などの換金までに時間がかかる物件の処理でトラブルが起きています。短時間で相続手続きが完了する場合も多く、特に遺産が現金だけだった場合は楽に完了します。

金融機関にお願いして、相続に関連する手続きの話を聞くと同時に、必要な書類を持ち帰ります。書類に記入してからもう一度来店して、手続きを行ってもらうだけである程度の相続は完了します。金融機関が処理を完了する頃には、ほぼ全ての相続が完了しているので、後は金額の確認を行うだけで手続きは完了します。

メニュー

TOP 相続税税務調査 相続手続き 遺言書作成 遺留分 遺産分割協議 過払い 個人再生 千葉の弁護士 離婚弁護士 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る