My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

相続人が多い相続手続きは遺言書作成を

子供がたくさんいたり、離婚する前の配偶者との間に子供がいる場合などの相続手続きには、遺言書作成が役立つ事でしょう。相続人が多い相続手続きは争いになりやすい事も考えられますので、遺言書作成で対処する様にしたいですね。

紛らわしい相続手続きでも、弁護士事務所にお手伝いしてもらう事で、遺言書作成は難しいと感じる事なく済ませられるかもしれませんね。遺言書作成は相続手続きを行う家族のためでもあります。

できればまだ若いので数年先でもいいかなと思っている人でも、相続手続きが複雑化しそうな時には、遺言書作成を済ませておくと、いいかもしれませんね。家族みんなの事を考えるようにしたいですね。

メリットを考えて遺言書作成を依頼

遺言書作成を依頼できる専門家は多いですが、一長一短がありますので状況にあった人たちに依頼する必要があります。ただ、費用については相続ほど開きはありませんので、法律のプロである弁護士は最もメリットが大きいです。

後に遺産についての争いが起きると想定されるなら、なおさら弁護士はベストです。遺産に不動産を載せるのであれば司法書士です。他の専門家に比べ比較的費用が安いのが行政書士です。

費用対効果も含めて考えれば時として弁護士よりメリットは大きいです。遺言書においてそれほどメリットはそれほど多くはない税理士ですので、相続税申告がない場合においては、メリットはないようです。

遺言書作成は本当に不要か

ある程度の年齢になり、遺言書という言葉に敏感になる人は珍しくありません。 土地や建物、貯金など大した財産はないから・家族や親戚は仲が良いので争いにはならないだろうなどと考えて遺言書作成は不要だと思っていると、自分の死後に争いが起きる恐れがあります。

遺言書を作成しておくことにより、相続する人が何を相続するのかが明確になるので余計な争いは避けられ、遺産分割協議がスムーズに行われます。 また遺言書を作成しておかないと、相続権のない子供の妻や世話になった知人に財産を相続してもらうことができません。 どれほど少額でも遺言書は作成しておきましょう。

遺言書作成と署名の効力について

遺言書作成をするときには、署名の有無によって、効力が大きく異なることがあるため、適切な手続きをとることが重要となります。 最近では、署名を分かりやすく行うために、専門家のアドバイスを受ける消費者が増えてきており、需要の高い法律事務所の取り組みに目を向けることがおすすめです。

もしも、遺言書作成を短期間のうちに終えたい時には、信頼度の高い法律事務所の成功事例を参考にしつつ、おおよその費用の相場をチェックすることが良いでしょう。 そして、法律上の手続きの取り方について知りたいことがあれば、多方面のプロから助言をもらうことが大事です。

遺留分・遺言書作成に関する記事

トップへ戻る