My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

遺産分割協議を進める上で知っておきたい豆知識

日本では超高齢社会に突入し、高齢者の割合がどんどん高くなっています。2020年には約4人に1人が高齢者になると予測されています。しかし、これから亡くなってしまう方が増えてくると考えられるので、遺産分割協議をする際の知識を持っておくべきです。

豆知識として、妥協することも大事なポイントになります。少しでも多く貰うために主張することは構いませんが、主張していくだけでは上手くまとまらない可能性が高いと言わざるを得ません。ここは仕方ないと妥協するポイントを持った上で、遺産分割協議を行うようにしてください。

遺産分割協議による土地の分割方法とは

遺産分割協議による土地の分割方法は主に4つあります。換価分割、共有、代償分割、現物分割です。換価分割とは、売却してその代金を相続人で分けるという方法です。つづいて共有とは相続人共同で取得し、持分によって分ける方法です。

代償分割とは、相続人の一人が遺産分割協議の結果単独で取得し、残りは金銭を受け取る方法です。最後に現物分割とは、現物を相続人で分けるという方法です。この中で現物分割について、現物をそれぞれで分けて持つことができるため公平感があります。ただし、狭い土地などは分けようとしたときに条例等で最低敷地面積がある場合など分けれないケースもある為注意する必要があります。

死亡から遺産分割協議までの流れ

家族が死亡した時には、死亡届を市区町村役場に提出しますが、その後被相続人の有する遺産を法的相続人に引き継いでいくことになります。この際には遺産分割協議が行われるものですが、流れを見ていきましょう。

遺産分割協議という相続人の間での話し合いをするためには、戸籍謄本や相続関係説明図などを活用して、法定相続人を調べることが第一になります。その次には、不動産や預貯金などの相続財産を調査していきます。そして、相続方法を決めたなら遺産分割協議に移っていきます。これまでの流れが複雑な場合には、専門家に相談されてはいかがでしょう。

遺産分割協議中の会話は録音可能?

遺産分割協議の際の会話の内容を録音しておくことによって、後々のトラブルのリスクを最小限に抑えられることがあります。最近では、弁護士や司法書士などの第三者に立ち合いを依頼することで、遺産分割協議をスピーディーに進めようとする人が増えてきていますが、いざという時に備えて、実績のある法律事務所の最新の対応の良しあしを比較することが重要となります。

一般的に、遺産分割のポイントに関しては、多くの消費者が判断しにくいところがあるため、予めボイスレコーダーなどを用意することによって、それぞれの相続人の発言の内容をチェックすることにより、何時でも安心して対処をすることが可能です。現在のところ、遺産分割協議の話し合いのコツについて、多方面の媒体で分かりやすく紹介が行われることがありますが、高額な土地や家屋を相続する場合には、余裕をもって契約の内容を確かめることが欠かせないテーマとして挙げられます。

その他、仕事や家事などの隙間時間を利用しながら、定期的にすでに遺産分割を済ませた人のアドバイスを参考にすることによって、人ぞれぞれの生活のスタイルに応じて、遺産相続のテクニックを身に着けることができるといわれています。

遺産分割協議をやり直す場合は

1度決めた内容は、もう1度やり直すことが困難です。実際にやり直す場合は、全ての相続人が同意してもらうことになり、1人でも反対した場合は遺産分割協議を行うことはできません。やり直す場合、どのような理由でもう1度行うのかを確認して、全員が同意した上で行います。

相続人に該当していたのに分割されていない場合や、遺産が後から見つかり、分割しないと駄目なケースなど、やり直す可能性もそれなりにあります。もし分割のやり直しをする場合は、どのようなケースでやり直す必要があるのか、念のため確認をしてから連絡を取るようにします。

遺産分割協議に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る