My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

遺留分の手続きの取り方

遺留分の請求に必要な手続きの取り方については、実績のある法律事務所のカタログやパンフレットなどに掲載されることがあり、すぐに魅力ある依頼先を見つけることが大事です。 また、遺留分の仕組みを理解するためには、ある程度の知識や経験が必要となることがありますが、同じような状況にある人々のレビューを参考にしながら、役立つ情報をキャッチすることが良いでしょう。

近頃は、リーズナブルなサービスが用意されている法律事務所が増えてきており、短期間のうちに遺留分に関するトラブルを解決することができるようになっています。

遺産相続の遺留分における弁護士費用の基礎知識

遺産相続においてトラブルになりやすい項目として、遺留分の問題が挙げられます。遺留分とは、相続人に法律上最低限確保された財産をいい、たとえばある相続人が遺産のほとんどを持っていく場合や、或いは相続の遺産が著しく少ないなどのケースが当てはまります。

非常にトラブルになりやすいので、基本的には弁護士などの専門家に相談することになります。その際の弁護士費用には、相談料やある相続人に対して遺留分を請求するための意思表示代理料、成功報酬などがあります。まずは無料相談などを利用し、金額内容に納得がいく弁護士を選ぶことが大切です。

兄弟姉妹も代襲相続でき遺留分はありません

相続の際に配偶者がいる時は必ず相続人になりますので、例えば夫が亡くなって妻と子供がいる場合はそれぞれ2分の1ずつ相続しますが、夫にもし遺言があって別な相続が指示されていたような場合でも妻や子供には遺留分という権利がありまして法定相続分の2分の1は保証されます。

よって妻も子供もこの場合は遺産の4分の1は必ず相続できるということになります。なお直系相続人の第1順位である子供には代襲相続という権利がありまして、もし仮りに相続の時点で子供が亡くなっていた場合もさらにその子供に何代でも相続権が続きます。

相続するのが妻と夫の兄弟姉妹のみ、あるいは兄弟姉妹しかいないという場合はその兄弟姉妹が相続をしますが、この場合は遺留分の権利がありません。よって亡くなった夫が異なる遺言を残していたような場合はそれに対抗することができません。なお兄弟姉妹の場合にも甥と姪の代までは代襲相続の権利があります。

遺留分の概要と書類の集め方

遺産相続の際に遺留分の請求をするメリットについては、一般の消費者にとって、速やかに判断をすることが難しいことが知られています。 また、必要な書類の集め方や記載事項の内容について知りたいことがある場合には、プロフェッショナルが在籍している法律事務所に依頼をすることがおすすめです。

最近では、遺留分の概要についてわかりやすく説明をしてくれる法律事務所に対するニーズが高まっており、少しでも迷っていることがあれば、経験豊かなスタッフとコミュニケーションを図ることによって、将来的な不安を取り除くことができます。

遺留分を侵害する遺言とは

遺留分を侵害する遺言とは、法律上一定の相続人に保障されている取り分を無視してなされたものです。民法は、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して、相続分を保障しています。これは強行規定なので排除できません。

具体的には、相続人が直系尊属のみの場合は全体の3分の1、それ以外の場合は全体の2分の1です。相続人が複数いる場合は、これを法定相続分の規定に従って分配します。これを侵害して、特定の者に財産を処分している遺言が、遺留分を侵害するものとなります。遺留分が定められているのは、相続人の生活保障を目的としています。

遺留分・遺言書作成・相続手続きに関する記事

トップへ戻る